読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷっちだる語り

総合エンターテイメントグループぷっちだるのブログです。

愛じゃなくても

こんにちは、しげです。お土産でいただいた「ご飯にのせてお湯をかけるだけで、奇跡的に美味しい鯛茶漬けになる魔法の……ご飯ですよ的ななにか」に、心から感動している日曜日です。

 

昨日はライブ直前、最後の全員練習でした。

2時間休みなし、ぶっ通し歌い続け。それで終わる頃には、「延長とかできひんのかな…もっかいだけ通しときたいなぁorz」という熱血スポ根漫画さながらの青春セリフを吐きながら帰路につくのが、ぷっちだるであります。

 

さて、そんな練習終わりの打ち合わせにて、話題はライブで歌う曲の話に。

ぷっちだるは、【曲の解釈】に非常に熱いグループです。この曲は一体何を歌った曲なのか、誰に歌った曲なのか、一人に歌うべきなのか、社会に向けて歌うべきなのか、嬉しい曲なのか、哀しい曲なのか等々、結構深く考えたり考えなかったり。。笑

 

そんなぷっちだるがライブの最後に歌う予定の曲について、リーダーの次廣さんが口を開きます。

 

「この曲は、、これから生まれてくる子どもに向けた曲なんじゃないのかなぁ……」

 

 

メンバーに衝撃が走りました。僕は今回のライブのラストを飾る曲は、愛の歌だとばかり思っていました。好き同士なまま訳あって一度別れてしまった男女、とでもいうのでしょうか。。

 

しかし、愛や恋よりもっと深くて、あったかくて、すごく強い、そんな気持ちを歌っているのだとしたら、次廣さんの言う

 

「子を思う親心」

 

それは確かに、あの曲が伝えたかったメッセージと言えるのかもしれません。

 

それからメンバーは、

 

「僕にとっては、ぷっちだるという仲間がそうですね」

 

「あぁなるほどなぁ………深い」

 

「やっぱり誰か一人に向けて歌う曲なんやろうね」

 

等々、それぞれの胸にある熱くてあったかい、そんな感情を見つめ直し、ラストを飾る名曲に思いを馳せたのでした。


f:id:psps0113:20170205164759j:image

(画像はイメージです。実際とは異なります)

 

 

▼そんなぷっちだるの主催ライブ情報がコチラ

***************************
ぷっちだる主催ライブ vol.3
2017年2月19日(日)
@中崎町キャンディライオン
open 14:00
start 14:30
ticket 2,000(ドリンク代込)
出演:
AquaNote
ジュリオによる福音書
ことりっく
ぷっちだる

 

~ぷっちだる ファンミーティング~
2017年 同日 @キャンディライオン
18時 開宴
20時 終宴予定
90分のみ放題 3500円
ステージ使えます、セッション出来ます、当日参加も可能です。
みんなで楽しく飲んで騒いで楽しみましょう!
**************************
チケットのご予約は、下記アドレスか
直接メンバーまでご連絡下さい。

 

~チケット予約アドレス~
petitdhal@gmail.com

 

▼こちらのサイトもよろしくお願いいたします。

ようこそ、めくるめくぷっちだるの世界へ – ~ぷっちだる 公式サイト~

※しげがコツコツ作ってます。

ライブレポートも近々更新予定です。