読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷっちだる語り

総合エンターテイメントグループぷっちだるのブログです。

一曲目から薔薇!

こんばんは、ぷっちだる しげです。

先日5/21はアカペライベントよりあいでした。

 

今回の一番のポイントは、

 

一曲目から薔薇

 

いきなりの変化球

 

落差の大きいフォーク

 

 

しっかりと全力投球させていただきました。

ステージを降りるふじきゅうさんのそれは、

とても力強く、激しく、それでいて繊細な戦士の姿そのもの。

 

 

たくさんの笑い声と大きな拍手をいただきました。楽しんでいただけたようでなによりです。

 

▼ステージの様子(14分くらいから)

ぷっちだる公式Facebookページ

コメント

 

 

二曲目以降もよりあいではあまりやってない曲だったり、数少ないパーカッションが色々やる曲だったりで、非常に有意義な時間でした。

 

まだまだ今年はライブしますよ!

乞うご期待!! 

 

▼こちらもよろしくお願いいたします。
ぷっちだる オフィシャルウェブサイト
~ようこそ、めくるめくぷっちだるの世界へ~


f:id:psps0113:20170522230650j:image

わかったとたんに突然出来た!ってこと、あると思います

こんばんは、ぷっちだる しげです。

今日はぷっちだるではなく、しげ個人が他グループで感じた「誰かに教えてもらうってめっちゃ大事ですね」という話。

 

5/20に控えたよりアイ(公式サイト:よりアイ | 手をつなごう、10年先もひろがるアカペラ)に向けて、色んな方々と練習しているんですが、その中での一節。

 

 

出来てない、ということ"だけ"はわかる

どうにもこうにも自己練習してもしっくりこない、でもどうしたらいいかわからない、とりあえず自分一人でやったらなんとかなる程度までは仕上げる、でもなんか出来ない気がするのはわかる、そんな状態での合わせ練習だったわけですが、お察しの通りそれじゃメンバーとは合わないんですよね笑

ただ、ここで難しいなと思ったのが、出来てないのはわかるけど、

 

 

 

何が出来てないのか、

どこを直したらいいのか、

 

 

 

 

は、わからないということ。

 

コーラスでもリードでもあるあるだと思うんですけど、これって結構厄介な問題だと思うわけです。自分で必死に練習して、でもいつまでたっても出来ない。でも、どうしたら出来るようになるかがわからない。わからないからいつまでたっても出来ない。出来ないから面白くなくて練習しなくなる、練習しないともちろん出来ない、、みたいな。

 

今回の僕のケースも、出来てないんだろうな、でもなにが足りないかわからない、、、とりあえず自分なりの答えは出しておこう、みたいな状態でした。

 

 

原因は練習量?

こういう時、場合によっては「出来てないってわかってるまま練習くるなよ!」とか、「みんなで合わすときはお前の練習(コーラスなら個人の音とりの時間)じゃねぇんだよ!」とか、言われたり、なんとなくそんな空気になったりすることありません?僕は昔よくそう言われてました。練習量が足りないんだーという。

 

けど、正直このまま一人でやっても、たぶん一生出来てなかったと思うんです。笑

 

自分でやりもしないで、みんなで練習するときに音とったり、出来ませーんてなるのはまた別の話だと思うんですが、自分なりに精一杯やって、でもこれ以上はどうしたらいいかわからん!てことは、きっと自分の視点だけじゃ解決しないし、いつかはするのかもしれないけど、誰かに教えてもらった方が絶対早い!笑

し、一人で悩んでやる気がなくなるくらいなら、ここわからないのでやらせてください!って言って時間とったりとか、うまい人がいるならその人にどうやったらいいですかってその場で聞くとか、相談しながらあーでもないこーでもないってやるとか、とにかくみんなでやった方が絶対いいと思うんですよね。

 

今日の練習でも、もっとここ簡単にシンプルにしたいってメンバーの方が言ってくださって、あー原曲通りに叩かなくていいんだ、とか、

こことここが揃うはずだから、それで合わせよう、とか、

パーカッションに合わすんじゃなくてパーカッションが合わしたほうがいい、とか。。

 

 

一人でやってたら絶対出てこなかった視点や解決策がたくさんあって、なんとなくこういう解釈でやればよかったんだなってなったんですよね。あの感覚がすごく気持ちいいし、そうやっていろんな課題を解決していく中で、解決策のカードが増えていく、課題の捉え方や視点が広がっていくのが、すごく楽しいなって思いました。

 

 

教えてもらったら、あとはやるだけ!

そういう意味でも、今日の練習はほんとに充実してたし、ほんとに足を引っ張りました笑

怒らないで付き合ってくれたメンバーの皆様に感謝です。

 

今日の練習で学んだことは、

・無理に全部叩かない

・シンプルなほうがわかりやすい

・わかりやすいほうが歌いやすい

・出来る人教えてもらうとわかりやすい etc…

 

わかっててもすぐに出来ないことばっかりなので、ここからは練習練習(結局量も大事!)なんですが、ここが出来てなかったんだ、わからなかったんだ、そして、こうなったら正解なんだ!というイメージが出来たというのが非常に大きな学びでした。誰かに教えてもらうってほんとに大切だなと思います。

 

 

******************************

皆さんはどんな練習方法をご存じですか?

機会があれば、ぜひいろんな方法を教えて下さい。

ちなみに、関西では「ヴォーカル関西」などで、不定期ですがワークショップが企画されています。

 

ヴォーカル関西 Facebookページ

https://m.facebook.com/VocalKansai/

 

ワークショップを通じて、色々な視点でアカペラを感じることが出来たり、よりディープで濃密な世界を体験することが出来ます。(2時間でアレンジを書ききる方法、とかもやるとかやらないとか…)

 

興味がある方、ぜひ遊びにいってみてくださいね。

 

 

それでは今日はこの辺で。

しげでした~( ・∇・)

"っぽさ"を追い求めてみた

おはようございます、ぷっちだる しげです。

今回からは少しずつぷっちだるの練習レポートみたいなのものも書いてみたいと思います。


f:id:psps0113:20170426090049j:image

 

テーマは「っぽさ」

5月20日のよりあい(公式サイト:よりアイProject)に向けて、今回はブルーハーツの「青空」の強化練習になりました。

一度通してみたところ、普通に通る、それなりにハモる。。ただ、どことなく物足りない感じがして、普通な感じがする、というのがメンバーの共通見解。

 

そこで、改めて録音して聞いてみる、録音して聞いてみる、を繰り返しながら、"ブルーハーツっぽく"をテーマに方向性を変えていくことになりました。

 

イントロ~歌い出しを滑らかに

まず手をつけたのはイントロ~歌い出し。

 

(A)シャララ→(B)パパーパー→(歌い出し)ブラウン管の~

 

という流れ。

当初は(B)パパーパー→(歌い出し)ブラウン管の~部分が、ぱつん!と止まる印象があったため、パパーパーの後半にわずかにデクレッシェンドをかけることで違和感を抑えてみる。大きくするより、違和感なく小さくするというほうが難しいですね。

 

パーカッションも気持ち小さめにするとともに、(歌い出し)ブラウン管の~にの頭にクラッシュを入れてあげて相対的な誤差を減らそうとしてみる。。まぁまぁ、かな笑

 

Bメロに迫力を

(Aメロ)打ち倒してくれればよかったのに→(Bメロ)生まれたところや~

 

(Bメロ)に入るタイミングはコーラスのスキャットがトゥからアーに変わるポイント。もっと音量的にもボリュームをあげて迫力を出そうとしてみる。字ハモも加わるので、全体的に厚みは出たような印象。

 

字ハモについて、主旋律にハモりにいくイメージというよりダブルリード(主旋律×2)になるようなイメージに修正。このあたりは音域との兼ね合いもあったので、出しやすい出しにくいも確認&議論。結局、思いきってパート変更に踏み切る。

 

ハットを強め、固めに修正

コーラスのイメージを共有しながら、並行してリズムパートも調整を図る。バラードのイメージが強く、ハイハットもあまり叩かないようにしていたが、原曲を改めて聞くと意外としっかり鳴ってる。というか、バラードなようでバラードじゃない感覚。

 

全体通してシャカシャカ系も増やしてみる。ドラムのボリュームも上がったが、コーラスもこれまでの流れで出すところは出す、となっているのでさほど気にならなかった。

 

同時に1拍目をもっと重くはっきりさせてみる。イメージは、ずんちゃんずんちゃんの感じ(2拍子に近い?)。

 

1拍目への意識はほんとに大事ですね。すぐ忘れちゃうんですが、特にぷっちだるでは、そこがクリアになると全体がグッとまとまる気がします。

 

まとめ

歌い出しから入って全体のイメージの修正になったわけですが、個人的な一番の気付きは、青空に関してはバラードだけどサウンドは熱くないといけない(んじゃないか…)ということ。どうしても落ち着いた雰囲気になりがちでしたが、グループとしてもっと熱さをだしていくんだ、ということが共有できていれば、ドラムだけがうるさく聞こえるなどの不協和音は解決できそうです。

 

今回のアプローチの検証やベースの解釈など、まだまだやれることはあると思います。

次回よりあいまでに、どこまで詰められるか、乞うご期待ください。 

 

今回の題材の原曲はこちら

ザ・ブルーハーツ 青空

https://youtu.be/d7yQHNntX4I


f:id:psps0113:20170426090405j:image

 

 

▼こちらもよろしくお願いいたします。
ぷっちだる オフィシャルウェブサイト
~ようこそ、めくるめくぷっちだるの世界へ~


f:id:psps0113:20170426085443j:image

営業さんからのクレーム…?

おはようございます、しげです。早くも3月が1/3終わってしまいまして、もうすぐ新年度ですね。ぷっちだるも2017年度に向けて、少しずつ動き出したり出さなかったりです。

 

 

先日リリースしたぷっちだるの「ぷっちだる」ですが、実は僕の会社の方も何名か買ってくださいまして、非常にありがたいことに大変ご好評いただいております。

 

僕がいつもお世話になっている営業さんに至っては、タフボーイを非常に気に入っていただけたようで、いつも仕事中のBGMとして聴いてくださっているそうで、作業用BGMとして聴きたいのに、一周が短すぎる!フルコーラスで入れてくれ!とクレーム(?)までいただきました笑

  

▼仕事中の頭のなか(※イメージ図)
f:id:psps0113:20170311114354j:image

 

…集中できるんでしょうか笑

 

営業さん曰く、「35とか40くらいのおっさんたちが本気で叫んでんの聞いてたら、なんか元気になる。あと世代的に選曲が熱いわ、ぷっちだるには、今後も絶対に愛を取り戻せとかはやってほしくない」とのことでした。

 

 めっちゃメッセージ伝わってる!!笑

 

こうやってアカペラとは全く関わりのない方にも、楽しんでいただけるのは、ほんとに嬉しいですね(*^^*)

 

まだまだ2017年も頑張ります!

ぷっちだる しげでした( ・∇・)

 

 

▼こちらもよろしくお願いいたします。
f:id:psps0113:20170311115504j:image
ぷっちだる オフィシャルウェブサイト
~ようこそ、めくるめくぷっちだるの世界へ~

ディスコグラフィー

ディスコグラフィー(discography)

作曲家・演奏家・ジャンルごとなどにレコードや音楽CDをまとめ、その録音年月日などの諸データを載せた目録。

(出典:デジタル大辞泉)

 

 

こんにちは、しげです。

先日のライブ終了後、公式サイトの更新をしておりまして、人生ではじめて「ディスコグラフィー」という言葉を使いました。

いい感じにアーティストぶってきましたね。

 

>ぷっちだるのCD作品一覧

 

皆様から、「ほしいけど、どんな曲が入っているのか聴いてみたい…」という声をいただけるのであれば、今後サンプルが聴けるようにとか、さらに更新させていただくかもしれません。是非、コメントなりなんなりでご意見お寄せください。

 

 

ちなみに、ディスコグラフィーにはこんな意味もあるようです。

 

ディスコグラフィー【discography】

レコード吹込みに関するさまざまなデータを整理・編集したもの。簡単なレコード・リストをこう呼んでいる場合もあるが,本格的なディスコグラフィーは,ある音楽家があるレコードを録音した,その曲名,日時,場所,演奏メンバーとそれぞれの担当楽器,発売されたレコードの番号などを網羅していなくてはならない。そのような意味でこの言葉を最初に確立したのは,1936年にパリで出版されたシャルル・ドローネーの《ホット・ディスコグラフィーHot Discographie》であった。

(出典:世界大百科事典 第2版)

 

つまり、きちんと担当パートや曲名までまとめたデータのことを、「ディスコグラフィー」というんですね。先のサイトページは、何一つ網羅してません笑

 

でもなんかそれっぽいページになってるし、実はタフボーイは、しげがメインパーカッションじゃなくて風の音しかやってないよとか、キン肉マンの「M!U!S!C!L!E!マッスル!」は全員言ってるよとか、誰が興味あんねん!ということで笑

 

今後も先ほどのページの事を「ディスコグラフィー」と呼ぶことにしたいと思います。

是非一度見てみてくださいね!

 

▼ぷっちだるの公式サイトはこちら
ぷっちだる オフィシャルウェブサイト
~ようこそ、めくるめくぷっちだるの世界へ~
f:id:psps0113:20170225143907j:image

※CD製作秘話も更新予定です。

 

 

というわけで、

今後とも"ぷっちだる"をよろしくお願いいたします。しげでした( ・∇・)

そして伝説へ…

f:id:psps0113:20170225111934j:image

 

ぷっちだるpresents

Music Lab vol.3
~そして伝説へ…~

 

お越しくださった皆様、
応援してくださった皆様、
本当にありがとうございました。

記念すべきレコ発デビューは
皆様のお陰様を持ちまして、
大盛況のうちに幕を閉じました。

本当にありがとうございました!

 

▼オープニング直前の儀式
f:id:psps0113:20170220115525j:image

 

ほんまになんかアカン薬作ってるみたいですね笑

 

 

 

▼本番直前の楽屋&舞台袖
f:id:psps0113:20170220115624j:image


f:id:psps0113:20170220115655j:image

 

さすがに表情にも緊張の色が…

 

 

▼clearanceさんからのお花
f:id:psps0113:20170220115934j:image

 

レイアウトは畿央大学の湯屋ちゃんが

やってくれました!

物販のポップや受付もお手伝いしてくれて、

本当に助かりました。ありがとう(*^^*)

 

畿央大学アカペラ部ADVANCE# https://twitter.com/kio_advance?s=09

 

 

さて、最後になりましたが、

今回のライブに関して

多大なご協力をいただきました

関係者の皆様、本当にありがとうございました。

これに懲りずに、また是非一緒に

楽しいイベントを作っていければと思っております。今後とも"ぷっちだる"を、よろしくお願いいたします。

 

というわけで改めまして

この度は皆様、本当にありがとうございました。またどこかでお会いしましょう!

 

ぷっちだる しげでした! 
f:id:psps0113:20170220122415j:image

 

 

 

▼こちらもよろしくお願いいたします。

ぷっちだる オフィシャルウェブサイト



f:id:psps0113:20170225111839j:image


ぷっちだる、疲れる。

おはようございます、しげです。

昨日投稿したインスタの写真、思ったより"いいね"をいただけまして、ありがたい限りでございます。

 

▼命の水
f:id:psps0113:20170212100258j:image

 

普段あんまり水のみたくならないんですけど、さすがに3時間はきっつい笑

ベースなしでの練習だったので、パーカッション担当としては、地力を鍛えられるようなしんどさがありました。

 

 

▼2時間後のぷっちだるの様子
f:id:psps0113:20170212100459j:image

 

ふじきゅうさんの「疲れる。。」という心の叫びが聞こえてくるようです。

この後きっちりMCと曲の流れを確認して、最後の練習を終えました。

 

さぁ!次は本番やでー!!!

 

 

 

***************************
ぷっちだる主催ライブ vol.3
2017年2月19日(日)
@中崎町キャンディライオン
open 14:00
start 14:30
ticket 2,000(ドリンク代込)
出演:
AquaNote
ジュリオによる福音書
ことりっく
ぷっちだる

~ぷっちだる ファンミーティング~
2017年 同日 @キャンディライオン
18時 開宴
20時 終宴予定
90分のみ放題 3500円
ステージ使えます、セッション出来ます、当日参加も可能です。
みんなで楽しく飲んで騒いで楽しみましょう!
**************************
チケットのご予約は、下記アドレスか
直接メンバーまでご連絡下さい。

~チケット予約アドレス~
petitdhal@gmail.com

 

 

▼こちらのサイトもよろしくお願いいたします。
ようこそ、めくるめくぷっちだるの世界へ
※しげがコツコツ作ってます。
   ライブレポートも近々更新予定です。